蝋板に鉄筆で

自由帳

SHIROBAKO

SHIROBAKOは私にとって他のアニメで代替し得ない最高アニメの一つであり、決して語り尽くすことができない。そこで、ごく簡単な形で、SHIROBAKOの魅力を素描する。

本作は、本当にありふれた易しいテーマを、アニメ制作という特殊な素材で語るところに大きな特徴があると考える。両方の点が相俟って本作を名作たらしめている。まずテーマについて概略を述べるとすれば次の通りになる。

 

1.

本作のテーマは、①これから自分が何をしたいか、②①のように考えるのは何故か、の二つである。極めて簡明な問いであるとともに、いかなる筋道で回答に至るかはともかくとしても回答の幅は非常に広いと考えられる。これほど単純な問いに回答するためだけに、24話という潤沢な時間を用いているのであり、しかも決して飽きさせない。

本作のテーマにつき回答を与えるのは具体的に誰かという問題がある。これについては、①と②の問いの双方の回答者はあおいであると見るべきだと考える。勿論①については残りの主要メンバーたる絵麻、しずか、美沙、みどりの問題としても、十分な尺を取って描かれているし、②についても20話でみどりの問題として描かれている。しかし、あおいにおいては4話Bパートのあおいと絵麻との会話において①の問題が提起されて以降、回答を出せないままに19話まで引っ張っている。また①が解決するやいなや直ちに答えられなければならない②の問いについても、みどり他沢山の人々の回答を導きの石として、最終的な回答を得るに至っている。この過程から見れば、やはり①と②の問いに最も深刻に悩みかつ回答を出すことを迫られているのはあおいであると見るべきであろう。