蝋板に鉄筆で

自由帳

1-9

今日は折角のタイミングに何一つ話すことが出来ず,何一つ考えていないことを暴かれ,最近如何に碌でもない生活を送っていたかが一目瞭然明らかとなり,非常にプライドを刺激されたので,もう少し脳を働かせて生きようと思った。いくら問題意識が重要と嘯いても,それを深めることがないのであれば生きている意味が無いので。